2015年12月09日

鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その3(手術日 午前)





第1話から読む方は、こちらからどうぞ。


2日目(手術当日 午前)

いよいよ本日は手術!
朝から食事はなし、午前7時以降は水分禁止です!

IMG_20151119_074841.jpg

手術に先駆け、点滴用のアタッチメントが腕に装着され、
抗生剤の投与が始まります。
すごい!患者感がうなぎのぼりです!
手術感が盛り上がってまいりました!!
私!!!!入院してます!!!
見舞いには!!!誰も!!!来ないけど!!!

IMG_20151121_165929.jpg


そしてこのアタッチメントがまたすごい!
今後、針を何度も刺し直さなくても、いくらでも点滴できるんですよ!
おかわりし放題、飲み放題ですよ!
もうここに繋げば何だって体内に送りこめますからね。
練りワサビのチューブとか繋いでみる!?
おろしニンニクとか送り込んでみる!?


午前9時。
手術室まで歩いていき、そこで待機。
幾度となく名前を確認されます。
医療事故防止のためでしょうね。

「お名前と生年月日を行ってください」
「昭和51年3月14日、ワタナベです」

ここで
「福山雅治です(いい声)」
といった小粋なギャグで場を和ませようかとも思ったのですが、
たぶん本気で怒られるし。
麻酔の量を減らさるし。
おろしニンニクを注入されるし。
ここは粛々と対応です。

手術室まで運ばれ、いよいよ全身麻酔です!
初体験の全身麻酔!
あの伝説の全身麻酔!
少女が恋に落ちるより早くオチると評判の全身麻酔!

「まずこのお薬を入れますね〜。ふわふわしてきますよ〜。」
「あ、なんかふわっとしてきました」
「では、麻酔をしますね〜」
「はい、わかりま




手術終わってました




ええええええ!?早すぎない!?
「それでは、1から数を数えましょう」
とかあるじゃん!
そういう前フリあるじゃん!
それすらないの!?数えないの!?
あなたのキスも数えないの?(小柳ゆき)(ちなみに0回)
すげえええ!

麻酔明けの頭で
「医療しゅごい……」
って、うわ言のように言い続けていた記憶があります。

だいたい午後2時ごろでしょうかね。
病室まで運ばれて、ベッドに寝かされました。



いやー、ここまでは良かったよね。
痛みとかないもんね。
正直、ちょっと手術を舐めてたよね。
銭湯の帰りに軽く寄るぐらいのテンションだったもんね。
「大将、やってる?」
ってノリだったもんね。
「ちょっと切っておいてよ(鼻を)」
みたいな感じだったもんね。





さあ地獄のはじまりです



鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その4(手術日 午後)へつづく。









posted by ろじぱら ワタナベ at 23:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
さあ、と来て、引きが良いですね。
次が他人の不幸ですので、とてもワクワクします。
因みに、全まは、2回経験しました。1回は生還したら、おちん こに尿チューブ装着されてて、愕然としました。シドニアの騎士のアニメで、宇宙服を着るときに、チューブが入って、腰が引けるシーンがありますが、逆のチューブを看護婦さんに引き抜かれた時を思い出しました(・ω・)ノ
Posted by もぐっちゃ at 2015年12月11日 17:05
>もぐっちゃさん

尿チューブだけは怖くて怖くて、
幸いにも今回はそれがなかったので助かりました…!
あれ、痛いらしいですね…!
Posted by watanabe at 2015年12月12日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169557658

この記事へのトラックバック