2015年12月12日

鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その4(手術日 午後)





第1話から読む方は、こちらからどうぞ。


2日目(手術日の午後)

1448232918497.jpg

手術終了。

鼻の奥の奥までギッチギチに詰め物がはいっていて、
鼻呼吸が一切できません。

いやね、鼻炎や風邪で、鼻づまりになったことは多々ありましたよ。
鼻づまりであれば、そこそこの経験者だと思ってましたよ。
FIFA鼻づまりランキングでは、だいぶ上位に食い込んでいると思ってましたよ。


世界、広いね。


ほんとうの鼻づまり、すごいよ。
鼻腔内に一分の隙もない。
人生39年目にして初めて、鼻づまりの本気を垣間見た。

「ふふふ……見たか!真の鼻づまり……とくと味わうがいい!」
「( ゚д゚)あんた誰―!?」

完全に鼻が詰まると、どうなるか。
ものが飲み込めない。
飲み込むと、耳抜きしてるみたいに口腔内の圧力が変化して
「コハァッ!!」ってなる。ツライ。

おかげさまで水分が摂れない。
だけど、鼻がふさがっているから、完全なる口呼吸なんですよ。
すると、どんどん喉が乾く。
だけど水が飲めない。
それと鼻の奥から鼻血が延々と垂れてくる。でも飲めない。

これツライわー orz

手術明けなので、どうしても高熱(術後熱)が出ますし、
麻酔がまだ残っているのか頭がものすごく重くて、
とてもひどい二日酔いになっている感じです。
それでさらに喉が乾く。
でも水は飲めない。飲むと「ゴフアァァア」ってなる。

これツライわー orz

高熱でうなされて、眠りも浅いので、ずっと変な夢を見てました。
それが劇団イヌカレー風味の悪夢なんですよ。
すごいね劇団イヌカレー!
悪夢をあれほど具体的に再現してただなんて!
( ゚д゚) 帰って!今日のところはもう帰って!!

inu.PNG


うなされてうなされて、夕食はいっさい取れず。
うなされてうなされて、気が付いたら消灯時間。22時。
昼間からたっぷり寝てるので、眠気はなし。
だけど眠るしかない、喉が乾く、水が飲めない、血が垂れてくる、劇団イヌカレーの夢を見る。
( ゚д゚) つらいわ!ソウルジェムが一瞬で濁るわ!

今にして思えば、お願いすれば睡眠導入剤的な何かを
処方されたかもしれませんけどね。
なんかしらないけど意地はっちゃったわー。
頑張っちゃったわー。
そんなに頭、回らなかったわー。



とりあえず、少しでも喉の乾燥を防ごうと、
あらかじめ買っておいた「のどぬ〜るぬれマスク 就寝用」を着用して就寝。

真夜中でも1.5時間ごとに目が覚めるのを繰り返し、
「あ、そろそろ魔女に変化しちゃう」
というころ、ようやく手術当日の夜が明けました。


「行ってしまったわ…円環の理に導かれて」
「うるせぇ!(シパーン)(点滴台で殴打)」


鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その5(手術翌日〜2日後)へ続く。







posted by ろじぱら ワタナベ at 23:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
うわ〜〜〜〜キツイですねぇ

友達が「蓄膿症の手術」をした時は
こんなに大変じゃない、と聞いてましたからねぇ・・・

ところで「うがい」じゃダメだったんですか?
Posted by エンタ at 2015年12月13日 21:22
>エンタさん

うがいするほど立ち上がる気力もなかったですね…!
飴すら舐められませんでした……!
Posted by watanabe at 2015年12月14日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169561149

この記事へのトラックバック