2017年07月02日

バイオイーザー ろじぱら2017サマーキャンペーン

おひさしぶりです!
みなさん元気でしたか!
私は相も変わらずいろいろやってます!最近のブームは吸収型カルシウム!

そんな夏の気配感じる今日この頃ですが、
読者のご要望もあり、ひさしぶりにバイオイーザーのキャンペーンが始まりました!
なんと1年以上ぶりです!

バイオイーザー サマーキャンペーン
(2017年7月31日まで)

バイオイーザーって何?という方は
こちらをご参照くださいー!
もう4年近く使い続けてるんですね……。

というわけで、ご興味ある方はぜひご確認くださいー!









posted by ろじぱら ワタナベ at 21:45 | Comment(7) | TrackBack(0) | 健康

2015年12月17日

鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その6(手術3日後〜現在)(完)





第1話から読む方は、こちらからどうぞ。

入院5日目

「後が詰まっているから」という、
人気居酒屋みたいな理由で退院が一日早まりました



入院6日目

退院しましたー!!!!
うおー!!
結局6日間、一歩も病院から出なかったぞー!!


「誰か、お迎えの方は来ますか?」
「いえ、一人です」
「そうですか」
「」


щ(゚Д゚щ) 退院しましたー!!!!

щ(゚Д゚щ) うおー!!



入院から7日目
綿球も取れて、完全復活!!щ(゚Д゚щ)
鼻が!(スーッ)
通ります!(ハーッ)
すごく!!(スーッ)
通ります!!!(ハーッ)
幸せです!(スハーッ)

「2ヶ月ぐらいかけて、だんだんと腫れが引いていく」
っていいますけど、これで腫れてるの!?
もう十分だよ!?
この売上、来期に取っておこうよ!!
先発ローテーションから外れて温存しておこうよ!


入院から10日後

検診で鼻の検診&クリーニング。



死 ぬ ほ ど 鼻 が 通 る


痛い!なんか通りすぎて痛い!鼻呼吸できない!
おはなからい!!(by いとしのムーコ)

なんかね、40年近く、毎日、毎時間、毎秒行っていた「呼吸」って
一体なんだったんだって話ですよ。
抵抗がない!ダイレクトに酸素が入る!
いいなぁ……すごくいいなぁ……!(スハースハー)

----------------------------------------------
というわけで現在。
すばらしく快適な生活を送っております!
酒を飲んでも鼻がつまらない!呼吸が楽!
みんな今まで、こんな環境で生きてきてたの!?
なんかずるくない??
初期パラメータの差がありすぎない??

まあ私としては、手術受けてよかったと思いますけど、
やはり1週間の入院というのはそれなりにコストがかかりますよね。
全身麻酔もリスクがありますから、
興味のある方はそのあたりも考慮して検討していただければと思う次第です。

後から調べたら、部分麻酔の一泊二日で手術、みたいな病院もありました。

ちなみに、鼻中隔湾曲症かどうかを診てもらうのは、
鼻炎ではない通常時に耳鼻科へ行く必要があるそうですよ。
鼻炎のときは、腫れているのか曲がっているのか判断しにくいからだそうです。


それでは最後に、鼻中隔湾曲症の入院で役だったアイテム、
ベスト5のご紹介!

第5位 氷枕
手術熱が出たときのマストアイテム。
心地よいったらありゃしない!
お願いすれば病院のを貸してくれました。


第4位 鼻洗浄器


入院中ではなく、入院後に使うアイテムですけどね。
お鼻すっきりしますよ!
とんでもねぇブツが出てきて
「ホワツッ!?」
ってなったりもします。


第3位 保湿用マスク


鼻腔に綿やスポンジがぱんぱんに詰まっていると、
どうしても口呼吸になってしまいます。
しかし、「水を飲む」という行為がなかなかシンドいため、
マスクで乾燥を防ぎました。
昼夜問わず、基本的に着用していましたね。
確かに楽だった気がします……!


第2位 体拭きシート


手術後、しばらく入浴やシャワーができないため、
こういったシートがあって助かりました。
病院でも週に何回か、身体を拭くための蒸しタオルを提供してくれますが、
やはり着替えのときなど、自分のタイミングでさっぱりしたい時がありますからね。

体拭きシートだと、夏場のメントールたっぷりシートがよく売られていますが、
入院したのが冬だったので、こういった清涼感がないものを選んでみました。

ちなみにこの手のシート、薬局だと
「シニアケア」
のコーナーにあって、成人用おむつなどに並んでいまして、
何か知らないけどちょっと凹みます


第1位 Nintendo DSとかiPadとかの暇つぶし道具
基本、暇ですからね。
本なり動画なりゲームなりがあると良いですよ。
スマホでワンセグを見れば、有料TVカードを買う必要もないですからね。
TVが有料なんですよ!?アダルト番組すらないのに!


というわけで、何らかの参考になれば幸いです!
それではみなさん、良い鼻を!







posted by ろじぱら ワタナベ at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康

2015年12月14日

鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その5(手術翌日〜2日後)





第1話から読む方は、こちらからどうぞ。


3日目(手術翌日)

14482329013132.jpg

あいも変わらず鼻づまり。
鼻づまりオブザイヤー受賞者こと私です。
そして発熱もいまだ収まらず。
だけど、昨日より少しだけ、頭がすっきりしてきました。

そして、わずかながら、
鼻詰まりがマシになってきたような……。
ほんの少しですが、鼻腔内に隙間が出来たような……。
とはいっても、まだまだしんどいことに変わりはないのですが。

鼻血と鼻水はどんどん出てるんですよね。
鼻穴に蓋のようにハマっている球状の綿(綿球)を
定期的に取り替えてもらいつつ、療養。

私「やだ……溢れてきちゃうよぉ……」
看護師「はいはーい(ズボッ)(綿球を鼻に突っ込む)」
私「おふぉぉぉぉぉぉ」




ようやく食欲も湧いてきましたので、
朝食の食パンをもぐもぐ。


……一切味がしねぇ……orz。


鼻って大事なんですね。味覚が完全になくなっている。
「ただモソモソしている何か」
「ただフワフワしている何か」
を噛んで、飲んで、「フゴワァツ」って耳抜きさせられる、の繰り返し。

口をとじて噛むと呼吸困難になるので、
どうしても開けっ放しで噛むしかないんですよね。
しんどい!

IMG_20151120_122945.jpg

お昼はカレーでした。
カレー!!
刺激に乏しい病院食の中で、
宝石のごとき輝きを放つ、魅力的なメニューですよ!



……一切味がしねぇ……orz。



すごいね。カレーすら
「ただペースト状のベタベタした何か」
に成り下がる始末。
ドロドロした何かを、喉の奥に流し込む作業。
みんな、鼻って……大事やで……。
これからも……仲良くしたってや……。



私、携帯に「水曜どうでしょうストラップ」をつけてるんですけど、
巡回する看護師さんの目にそれが留まったようで
「水曜どうでしょう、お好きなんですか!?」
「へぇ、まぁ」※鼻が詰まってます
「私も好きなんですよ!NACSも好きで、この前、新潟に観劇してきました!」
「はぁ〜」※鼻が詰まってます

どうでしょう藩士に会えたのは嬉しいのですが、
こちとら完全におみまいされてる状態なんですよ。
反応できないから。てか会話がしにくいから。
どうでしょう的な意味では、文字通り初陣でしたけど(全身麻酔的な意味で)

手術後の高熱が収まらないので、氷枕をして療養。
水枕、素晴らしいね!!
発熱した身体に気持ちいい!
水枕 is cool……!
手術当日から使えばよかった……!
あ、あとね、昨日から着けている「のどぬ〜るぬれマスク 就寝用」ですが、

IMG_20151122_120745.jpg

中にこういう「しっとりシート」を入れる必要があるってここで気付きました。
遅いよ!!
手術当日に苦労している俺に教えてあげなよ!


4日目(手術2日後)
いよいよ、鼻の奥にみっちりと詰まっているスポンジを抜くことに。
会う医師がみんな口を揃えて
「あれは痛いからね」
「本当に痛いから頑張ってね」
「痛いけど、俺も痛くしようとしてしてるわけじゃないから、恨まないでね
( ゚д゚) 怖えよ!!そんなに痛いなら麻酔的な何かをしてよ!

耳鼻科に行き、いよいよスポンジが抜かれることに!


ズルルルルルルルルッ


おほほおおおおおおおおorz




鼻から、何かが生まれました。


いやね、痛かったよ?
痛かったけど、想像よりは痛くなかったし、
3%ぐらい「気持ちいい」感じが、
あれ?あれ?(同意を求める顔)

おそらくですが、言いつけ通り綿球をずっと鼻に入れて、
内部を乾燥させなかったのが勝因だったのかな……?
スポンジを抜くときにカサブタも一緒に取れて
死ぬほど痛かった、なんて話も聞きましたけど、
私はそういうことはなかったです。

この時点で鼻の奥からスポンジが抜かれ、生活が本当に楽になりました!
飲み込んでも「ホフア」ってならない!
まだ鼻穴に綿球はハマってるものの、格段に楽になりましたよ!
鼻血もだんだん減ってきて、鼻穴の綿球の交換頻度もさがってきました!

私「昔はあんなに濡れたのに……私、もう不感症になっちゃt」
看護師「はいはーい(ズボッ)(綿球を鼻に突っ込む)」
私「おふぉぉぉぉぉぉ」


鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その6(手術3日後〜現在)(完)へ続く。









posted by ろじぱら ワタナベ at 23:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 健康