2015年12月12日

鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その4(手術日 午後)





第1話から読む方は、こちらからどうぞ。


2日目(手術日の午後)

1448232918497.jpg

手術終了。

鼻の奥の奥までギッチギチに詰め物がはいっていて、
鼻呼吸が一切できません。

いやね、鼻炎や風邪で、鼻づまりになったことは多々ありましたよ。
鼻づまりであれば、そこそこの経験者だと思ってましたよ。
FIFA鼻づまりランキングでは、だいぶ上位に食い込んでいると思ってましたよ。


世界、広いね。


ほんとうの鼻づまり、すごいよ。
鼻腔内に一分の隙もない。
人生39年目にして初めて、鼻づまりの本気を垣間見た。

「ふふふ……見たか!真の鼻づまり……とくと味わうがいい!」
「( ゚д゚)あんた誰―!?」

完全に鼻が詰まると、どうなるか。
ものが飲み込めない。
飲み込むと、耳抜きしてるみたいに口腔内の圧力が変化して
「コハァッ!!」ってなる。ツライ。

おかげさまで水分が摂れない。
だけど、鼻がふさがっているから、完全なる口呼吸なんですよ。
すると、どんどん喉が乾く。
だけど水が飲めない。
それと鼻の奥から鼻血が延々と垂れてくる。でも飲めない。

これツライわー orz

手術明けなので、どうしても高熱(術後熱)が出ますし、
麻酔がまだ残っているのか頭がものすごく重くて、
とてもひどい二日酔いになっている感じです。
それでさらに喉が乾く。
でも水は飲めない。飲むと「ゴフアァァア」ってなる。

これツライわー orz

高熱でうなされて、眠りも浅いので、ずっと変な夢を見てました。
それが劇団イヌカレー風味の悪夢なんですよ。
すごいね劇団イヌカレー!
悪夢をあれほど具体的に再現してただなんて!
( ゚д゚) 帰って!今日のところはもう帰って!!

inu.PNG


うなされてうなされて、夕食はいっさい取れず。
うなされてうなされて、気が付いたら消灯時間。22時。
昼間からたっぷり寝てるので、眠気はなし。
だけど眠るしかない、喉が乾く、水が飲めない、血が垂れてくる、劇団イヌカレーの夢を見る。
( ゚д゚) つらいわ!ソウルジェムが一瞬で濁るわ!

今にして思えば、お願いすれば睡眠導入剤的な何かを
処方されたかもしれませんけどね。
なんかしらないけど意地はっちゃったわー。
頑張っちゃったわー。
そんなに頭、回らなかったわー。



とりあえず、少しでも喉の乾燥を防ごうと、
あらかじめ買っておいた「のどぬ〜るぬれマスク 就寝用」を着用して就寝。

真夜中でも1.5時間ごとに目が覚めるのを繰り返し、
「あ、そろそろ魔女に変化しちゃう」
というころ、ようやく手術当日の夜が明けました。


「行ってしまったわ…円環の理に導かれて」
「うるせぇ!(シパーン)(点滴台で殴打)」


鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その5(手術翌日〜2日後)へ続く。







posted by ろじぱら ワタナベ at 23:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康

2015年12月09日

鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その3(手術日 午前)





第1話から読む方は、こちらからどうぞ。


2日目(手術当日 午前)

いよいよ本日は手術!
朝から食事はなし、午前7時以降は水分禁止です!

IMG_20151119_074841.jpg

手術に先駆け、点滴用のアタッチメントが腕に装着され、
抗生剤の投与が始まります。
すごい!患者感がうなぎのぼりです!
手術感が盛り上がってまいりました!!
私!!!!入院してます!!!
見舞いには!!!誰も!!!来ないけど!!!

IMG_20151121_165929.jpg


そしてこのアタッチメントがまたすごい!
今後、針を何度も刺し直さなくても、いくらでも点滴できるんですよ!
おかわりし放題、飲み放題ですよ!
もうここに繋げば何だって体内に送りこめますからね。
練りワサビのチューブとか繋いでみる!?
おろしニンニクとか送り込んでみる!?


午前9時。
手術室まで歩いていき、そこで待機。
幾度となく名前を確認されます。
医療事故防止のためでしょうね。

「お名前と生年月日を行ってください」
「昭和51年3月14日、ワタナベです」

ここで
「福山雅治です(いい声)」
といった小粋なギャグで場を和ませようかとも思ったのですが、
たぶん本気で怒られるし。
麻酔の量を減らさるし。
おろしニンニクを注入されるし。
ここは粛々と対応です。

手術室まで運ばれ、いよいよ全身麻酔です!
初体験の全身麻酔!
あの伝説の全身麻酔!
少女が恋に落ちるより早くオチると評判の全身麻酔!

「まずこのお薬を入れますね〜。ふわふわしてきますよ〜。」
「あ、なんかふわっとしてきました」
「では、麻酔をしますね〜」
「はい、わかりま




手術終わってました




ええええええ!?早すぎない!?
「それでは、1から数を数えましょう」
とかあるじゃん!
そういう前フリあるじゃん!
それすらないの!?数えないの!?
あなたのキスも数えないの?(小柳ゆき)(ちなみに0回)
すげえええ!

麻酔明けの頭で
「医療しゅごい……」
って、うわ言のように言い続けていた記憶があります。

だいたい午後2時ごろでしょうかね。
病室まで運ばれて、ベッドに寝かされました。



いやー、ここまでは良かったよね。
痛みとかないもんね。
正直、ちょっと手術を舐めてたよね。
銭湯の帰りに軽く寄るぐらいのテンションだったもんね。
「大将、やってる?」
ってノリだったもんね。
「ちょっと切っておいてよ(鼻を)」
みたいな感じだったもんね。





さあ地獄のはじまりです



鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その4(手術日 午後)へつづく。









posted by ろじぱら ワタナベ at 23:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康

2015年12月08日

鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その2(手術前日)





第1話から読む方は、こちらからどうぞ。


ではここで、今回の私の症状について、改めて説明しましょう。


鼻中隔彎曲症

左右の鼻穴を仕切る骨――鼻中隔――の曲がりがひどい状況。
この鼻中隔、人間であれば誰しも曲がっているそうです。
成長によって歪むらしく、二足歩行を始めた人間のサガだとか。

曲がりが軽微で、日常生活を送るうえで支障なければ、
曲がっていても別に問題はありません。
ただ、この曲がりがひどいと、鼻腔を圧迫して鼻呼吸が困難になったり、
鼻炎になりやすくなったりします。

「彎曲」「湾曲」「弯曲」といろいろ表記揺れがあるようですが、
本ブログでは正式名称である「彎曲」と記載いたします。

ちなみに私の隔壁はS字で、左を塞ぎつつ、
なんと奥のほうでは右も塞いでいるそうです。
いくらなんでもやりすぎでしょ!
ふたつの穴を塞ぐだなんて!
ふ た つ  の 穴 を 同時に塞ぐだなんて!(いい笑顔で)


今回の手術は、鼻曲がりのダンディこと私の鼻の中にある、
鼻中隔の軟骨を切開等することで、この彎曲をまっすぐにするものです。
軟骨切開って!文字にするとやっぱり怖いよ!

それでは、私の入院状況をご覧ください。




----------------------------------------------
1日目(手術前日)

手術前日の午前より入院。

入院する部屋の希望を聞かれたので、
 第一希望:個室
 第二希望:四人部屋
と回答。だってプライベート空間は欲しいじゃない!?
多少、割高であったとしても、一週間過ごすんですよ?

ただ、個室が叶わぬ夢ならば、だったらもう四人部屋でいいや、と。節約しよう、と。
二人部屋だと、少人数すぎて逆に気を遣いそうですからね!


……と思っていたところ、しっかり二人部屋になりました。
( ゚д゚)きついわ!料金高いのに知らんオッサンと二人っきりだよ!どういうことだよ!

IMG_20151118_111958.jpg

ちなみに個室の場合、一番安い部屋で15,000円でした。
「こんなに高いんだぜ?」
というノリで友達に話したところ、
「15,000円!?安っ!!」
と驚かれたので、この世は格差社会やで……!!


その日の昼食。

IMG_20151118_122740.jpg

健康的なお味です。(とても薄味です)


夜は混むからと、午後3時頃にシャワーを浴びてパジャマに着替えます。
さあさあ、一気に入院患者っぽくなってきましたよ!

とはいっても身体は健康ですからね。
談話室でお茶飲んだり、Nintendo 3DSをやったりして時間を潰す私。

途中、耳鼻科に行って検診を受けます。
「じゃあ明日手術するからね。いろいろ大変だろうけど頑張ってね」
割とテンション軽めな先生であることに一抹の不安を覚えつつ、その日の晩ごはん。

IMG_20151118_181148.jpg

とても健康的なお味です。(ものすごく薄味です)


巡回している看護師さんに、血圧を測ってもらいます。

「正常ですね」
「正常ですからね」

体温を測ってもらいます。

「正常ですね」
「正常ですからね」

ツイッターで「一週間ほど入院しまーす☆」と呟いて、
フォロワーのみんなの同情を集める作戦に出たところ、

「包茎手術ですか!おめでとうございます!」
「性転換ですか?」
「出産ですか!?」
「精神病院ですか……」
「……植毛?」

と温かいリプを頂いたので、みんな厄介な感染症にかかってしまえばいい


午後22時に就寝。
明日は手術です。

鼻中隔彎曲症を手術で治したお話 その3(手術日 午前)へ続く。








posted by ろじぱら ワタナベ at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康